エンジン内部洗浄システム

カーボンクリーン

定期的にクリーニングすることで、エンジンが長持ちし、燃費も回復できます。

定期的にクリーニングすることで、エンジンが長持ちし、燃費も回復できます。

エンジン内部には燃料の「燃えカス」・「スス」が残っています。ストーブの煙突の「スス」もたまると、燃え方が弱くなり暖かくなりません。同じように、エンジンの「スス」もたまると燃焼効率が悪くなり、パワーダウン、燃費が悪化します。定期的にクリーニングすることで、エンジンが長持ちし、燃費も回復できます。

スラッジクリーン

定期的なオイル交換をしていてもエンジンの中には汚れが堆積していきます。エンジンオイルはエンジンの中を循環し、冷却・潤滑などの役割を果たしています。その通り道は2~5mmで細いので汚れなどで詰まるとオイルが循環せず、エンジンが壊れます。定期的にクリーニングすることで、エンジンが長持ちし、燃費も回復できます。
当社では、排気ガスを測定・診断しエンジンの状況を確認します。エンジン内部洗浄の前後の排気ガスを専用テスターで確認できます。